小遣い収益がビジネスとして成立している理由